パンツトレーニング体験記

お友達は、パンツを履いているのにまだうちの子はおむつ…いったいいつになったらおむつをバイバイできるの?とママは神経質になりがちです。遊びに夢中で気づいたらリビングに水たまりが!?!?!と言うことも多々あります。

先輩ママのトレーニング体験記が参考になれば幸いです。レッツハッピートレーニング!

<><><><><><><><><><><><>

パンツトレーニングを始めた年齢:長女 2歳8ヶ月(2005年6月~9月)二女 2歳8ヶ月 (2007年4月~5月)

パンツトレーニングをしようと思ったきっかけは?
長女:夏にかけてやりやすいと思ったから
二女:前年の夏から保育園でトイレトレーニングを始めていました。冬を越し、春になって保育園から幼稚園の2歳児クラスに入園して慣れたところでトレーニングを再開しました。

当時のトイレ状況
長女:特に気付かなかった。
二女:保育園でじゃばじゃばおもらししていたので、苦労知らずでした。

トレーニング方法と成功エピソード
長女:
オマル、トレーニングパンツを用意。
昼は、スカートとトレーニングパンツでとにかく漏れる感覚をわからせた。次にオマルに座り、おしっこが出たらシールを貼るなどインセンティブを付けた。最初は、とにかく家のあちこちで、おしっこするは、次女の授乳中に「おしっこ~」と言って間に合わなかったり、とトラブル続きでした。あまりヒステリーを起こさないように我慢しましたが、なかなかトレーニングが進まず、一時期オムツに戻したこともありました。パパとパンツを履いて週末に外出した時も何度か店内でおもらしをし、その度にパンツやスカート・ズボンの枚数が増えていきました。
お盆休み頃、何とかオムツがとれたと思ったら、おばあちゃんが夜も一気にパンツで寝かしてしまいました。
夜は、寝しなにあまり水分を取らないように気を付けて、おねしょシーツを敷いて寝かせました。それでもおねしょシーツが外れて布団を何度も干しました。
幼稚園に入ると昼は完璧、夜もおねしょの回数が減りましたが、何度か外出先から自宅までトイレを我慢して玄関先で失敗することがありました。
二女:
ゴールデンウィークには、昼・夜ともに卒業しました。昼は、おもらしをすることがないのですが、夜は年中になった今でも相変わらず時々おねしょをします。

パンツトレーニング完了してからの感想・チャレンジするママへのメッセージ
季節や子供の性格などがあるので一概にこの時期に始めると良いとは言えないと思います。いずれは取れるので、カリカリしないでのんびりとすると良いと思います。


Comments are closed.