桜、水遊び、散歩、遊具、ローラースケート場、ビオトープ

住  所:東京都新宿区西新宿2丁目11


連絡先:新宿中央公園事務所 3342-4509
新宿中央公園ホームページ
アクセス:大江戸線都庁前・都営新宿線新宿駅・十二杜池の上/池の下(バス停)

その11

広報しんじゅく H24年5月5日号に「クジラとカバの遊具」について載っていました。

Kouhou24.5.5-thumb

その10

広報しんじゅく H24年4月5日号に「ブラシノキ」という木について載っていました。

Kouhou24.4.5-thumb

その9:2009桜情報

4/5に高層ビルから公園を撮影したものです。

  

4/4の中央公園各所の写真です。桜の時期ですが、「ハナモモ」も桜に負けじと、ピンクと白の輝きを放っております。
  

  

中央公園名物の高遠小彼岸桜
写真は3/28のものです。
4/4現在、残り2割の花を残すのみとなったでしょうか。

(取材:2009.4 by子育てを考える会 I)

その8

中央公園では定期的にフリーマーケットが開催されています。
出店してみたい人はこちらの紹介ページ

(取材2008.8 byバンビ3号)

その7

新宿中央公園の南側、角筈地域センターの向かい側にあるちびっこ広場は、乳幼児から小学校高学年まで遊べます。乳幼児は、動物の形をしたシーソーや砂場、小さいすべり台で遊ぶと良いと思います。
年中から小学校低学年は、大きいコンクリートのすべり台がある大型遊具が良いでしょう。うちの子も喜んで大きいすべり台で滑って楽しんでいました。

 

中学年から高学年は、木で出来たお城のようなアスレチックにつり橋、すべり台、ブランコなどが付いているので、楽しく遊べると思いました。
実際に多くの小学生が夢中になって遊んでいました。

 

じゃぶじゃぶ池

管理人事務所が脇にあり、二人の監視員が見守っています。コンクリートで出来た段々で、水深は10~15cmぐらいでした。まだ水遊びパンツを履いた幼児から小学校低学年まで遊べます。子どもと行った時は、暑かったので、多くの親子で賑わっていました。

 

(取材:2008.7 by ゆうちゃん)

その6

区内で水遊びが出来るお勧めの公園のひとつです!

【2008年度のジャブジャブ池の開設】
7月10日(木)~9月7日(日) 11:00~16:00

<注意事項>
・池の水は飲めません。
・裸での利用はご遠慮ください。
・プールではないので、潜ったり、泳いだりしないで下さい。
・雨天は中止です。

(取材:2008.7 by ゆうちゃん)

その5

ちびっ子広場は、日中子ども連れのみが利用できるようにしきられて、小さな子ども連れでも安心して遊べます。時間帯が決まっていますが三輪車の貸し出しも人気のよう。午後は小学生もたくさん遊びに来ます。
木々の種類も豊富で、特に桜の時期は少し早めの彼岸桜から楽しめます。子連れで花見が楽しめるのって嬉しいですね。
芝生広場の方は、だいぶ減りましたがまだブルーテントがあってあまり近づきたくないエリアです。
公園内にある熊野神社もお祭りなどでない時でも、たまにはお散歩に良いのでは?池に鯉もいます。

(取材:2007.5 by cotton3)

その4

新宿中央公園のわんぱく祭りを取材してきました。

  

親子連れで大賑わいでした。
手作りエコクラフトやハンドベルの演奏、宝探しに手遊びなど、沢山のブースが出ていて、どれから覗こうか目移りしてしまいます。
やはり、一番人気はふれあい動物園!
かもやひよこ、ウサギ達が放たれたサークルの中で、抱っこしたりにんじんをあげたり、動物達と一緒に遊べるのです。

 

少しずつ雨が強まってきたのですが、順番を待つ親子の長い列はなかなか途切れません。
やはり子供たちは動物が大好きですね。
ひよこをぎこちなく掴んだり、ハムスターの爪が痛いと泣いたり、もう大賑わい。
上手にハムスターを抱いて、じっと静かに見つめている子もいました。
その他、ブタや子牛、ヤギに羊。さらに、イグアナや白蛇もいましたよ。子牛はまだ赤ちゃん(9月6日生)。白蛇は触ると以外に温かかったです。
私は、娘がひよこを落っことして、そして踏んでしまったらどうしよう~と、ヒヤヒヤしました。

(取材:2006.10 by J  娘2歳)

その3

小学校の入学を前に、別々の小学校に行くことになったお友達と”お別れ遠足”を兼ねて、そろそろ桜も咲いているかな~?と思って久々に中央公園まで行きました。
すると、桜はかなり開花していてお花見日和。しかも偶然にもイベントをやっていたではありませんか!

001 

昨日(25日)には水の広場でミニSLや&区の商工課による物産展やスワンベーカリーも出店していたらしい。
花植えのイベント?もやっていて、ものすごくたくさんのチューリップを地域の方と思われる人たちが子どもと一緒に植えていました。これが咲いたらとてもきれいだろうな・・・。
今日は、ミニSLはなかったのがとても残念だったけど、ちびっこ広場に移動動物園が来ていました。上の動物園などでウサギやハムスターを抱っこできるコーナーは、散々並んで本の数分しか抱っこできないけど、今日は制限無く好きなだけ抱っこすること が出来たので、ウサギ好きの長女はご満悦。その他、サルや羊やヘビなど結構な種類の動物がいました。(1日中追い回されたウサギさん、ハムちゃん、ひよこちゃんお疲れ様)
ジャブジャブ池横の植込みでは、プチプレイパークで焼き芋焼きや棒の先にまきつけて焼くパン焼き体験もやっていました。その他、西新宿児童館からはジャグリングやシャボン玉遊びなどいろいろな遊びの道具があったし、元々ある大型遊具も目いっぱい遊び、1日中楽しめました。
食べ物は地元のお団子屋さんがお団子やお赤飯、クッキーやパウンドケーキ、飲物の販売もあったので、とても助かりました。

 

子ども達はクタクタになるまで遊んで、保育園時代最後の良い思い出になりました。中央公園は、最近、このようなイベントが盛んですね。中央公園で子どもを遊ばせたのは本当に久々でしたが、子どもが大型遊具を目いっぱい楽しめる年齢になったこともあって思いのほか楽しめ、また行こうと思いました。

(取材:2006.3 by バンビ3号)

その2

新宿区HP みどりの新宿30選より

新宿中央公園の高遠コヒガンザクラの紹介

新宿中央公園のほぼ中ほど、区民の森の中にソメイヨシノよりも少し早く3月下旬に濃いピンク色の花を咲かせるサクラがあります。これが高遠コヒガンザクラで、友好提携の記念樹として長野県高遠町(現在は長野県伊那市)より寄付を受けた木です。

特徴 :新宿にゆかりのある貴重な木
みごろの時期 :3月下旬の花のころ

 

(平成6年 新宿区発表)

その1

都庁や高層ビルを背景に自然を楽しめる広い公園です。コミュニティ広場には遊具があり、夏には
ジャブジャブ池で水遊びもできます。桜の季節にはお花見も楽しめます。ベンチがあるので、お弁当
を食べることもできます。

(取材:2005 子育て情報誌e-bambiniより抜粋)