箪笥地域センター、桜

住  所:新宿区横寺町52

その6

広報しんじゅくH24年4月5日号に、「テルテモモ・照手桃」の木について載っていました。

Kouhou24.4.5-thumb

その5

昨年、遊具がリニューアルし、休日になると子供たちでにぎわう、
人気の公園となりました。

カラフルな大型の滑り台は大人気で、黄色い長い滑り台は上に登るまでに、少し斜めに
傾いたところをのぼるようになっており、滑り台の途中には段がついているので、
スリルがあって楽しいようです。
赤い方の滑り台は2本あり、低いので小さい子でも楽しむことができます。
リニューアル前は、少し古い感じの高い滑り台がありましたが、あまり滑っている
子供の姿は見かけませんでした。
しかし、リニューアル後明るい雰囲気となって子供たちが、集まるようになりました。
遊具によってこんなにも公園の人気は変わるものかと、遊具の重要性を感じました。

花壇には、公園サポーターの方々により手入れしていただいている、
チューリップなどの花が綺麗に咲き誇り、心癒されます。
公園サポーターの皆様、いつもありがとうございます。

(取材:2010.4.24 by masyu)

その4

新宿区 みどり土木部 みどり公園課 公園計画係の担当の方より、情報を頂きました。
現在工事しているのは、昨年水害があったため、地下に雨水の貯留施設を作っています。
なくなった遊具も新しく複合遊具等にします。
とのこと。(取材:2009.3.18)

left

今朝、公園の前を通りかかったら、ものすごい大々的な工事が行われていました。大きな滑り台も含め、遊具も全部なくなっていてビックリ!どんな風にリニューアルされるんでしょう・・・。

(取材:2009.3 byバンビ3号)

その3

1月の日曜日、箪笥地域センター祭りで地域センターと公園はいろんなお店やゲームコーナーなどでにぎわっていました。ブランコや滑り台は遊べないようにひもでグルグルに縛ってあったので利用できませんでしたが、たくさんの美味しい食べ物の屋台が出ていました。
中央では、地元のガールスカウトの女の子達も多数いました。いつもとはぜんぜん違ったにぎわいでした。

(取材:2009.1 byバンビ3号)

その2

たまたま通りかかったら、遊具が1つ新しくなっていました!
以前は、オートバイ型だったのが、車に変身!
前の遊具は壊れてしまったのかな・・・。
ペアで設置されていた遊具が今度はみすぼらしく見えてしまうのでした。

(取材:2008.2 byバンビ3号)

その1

地域センターに行くついでに写真を撮ってきました。
夏は葉が茂って木陰を作っている木が、久々にいったら葉が落ちてまるぼうすになっていました~
お昼頃は、公園でお弁当を食べるサラリーマンなどが多いです。午前中は幼児、夕方は小学生が遊ぶ姿も見られます。
お掃除もマメにしてあるし、公園のトイレもあるのですが隣の地域センターのトイレやその中のオムツ替え台、冷水器があること、地域センターの並びには大きなスーパーマーケットがあるなど、幼児連れで遊ぶにはなかなか良い条件です。・・・が、なんとなく定住している風の男性がいることが多く、それだけがちょっと残念。


公園の奥に地域センターの裏口があり、大江戸線牛込柳町駅への近道にもなります!(センターの休館日は閉まっているので注意)
公園の入り口ではかわいいスズメちゃんがお出迎えしてくれます♪

(取材:2007.12 byバンビ3号)


3 thoughts on “あさひ児童遊園

  1. 常に人目のある公園ではありますね。(と割り切って利用しています。)
    遊具も少ないし小さい子向けの公園かなあ、と思いきや、
    あの滑り台は結構な高さがあって、1歳児連れには厳しい気がします。一緒について上った私が足がすくみました。
    牛込神楽坂駅への近道となる地域センターは、毎月、たいてい第二日曜日が休みで閉まっています。
    階段なので、ベビーカーで利用するのは難しいです。

  2. 大久保通りからの近道となる地域センターからは、長い階段を上った所に公園への入口があるので、ベビーカーを使用しない日は公園に立ち寄ります。
    ブランコ、滑り台、砂場、スプリング遊具(2基)と、遊具が少ないためか、遊ぶ子供も少なく、牛込神楽坂駅やスーパー、地域センターへ行く人たちが公園内を横切ることが、しばしば。
    定住している風の男性がいるけれど、いつもベンチにきちんと座っている?ので、気にせず子供を遊ばせています。